帯結びの仕方

トップページ >帯結びの仕方

  • 商品紹介

一重太鼓の結び方

帯結びの中では、最も基本となる定番の帯結びです。 大正時代に袋帯の改良によって名古屋帯が考案され、一重太鼓が盛んに締められるようになりました。

一重太鼓は、名古屋帯を用いて主に小紋や紬などのおしゃれ着に結びます。 初心者にも扱いやすく気軽に結ぶことが出来ます。体型や年齢に合わせてお太鼓の大きさや高さを調節しましょう。

結び方1
まず、帯の「わ」の部分を下にして、「て」先を左肩にかけます。「て」先の先端がおはしょりの中心あたりにくるように「て」先の長さを決めます。
結び方2
一巻き目に帯板を入れます
結び方3
一巻き目を巻いたら、一度「て」を引いて、胸を開くように帯を引き締めます。
結び方4
二巻き目を巻く前に、背中心のあたりで「て」先を下に引いておきます。
結び方5
続いて二巻き目を巻きます。巻き終えたら「て」先の「わ」を持ち真下に下ろし、背中心まで抜きます。
結び方6
胴に巻いた帯の下に左手の人さし指と中指を入れ、親指と三本で「て」先と帯の交点をしっかりと押さえます。
結び方7
左手で持った交点を軸に、右手の甲を背にあてるようにしてたれを折り上げます。
結び方8
体に巻いた帯の上線の位置に仮紐を通して簡単にほどける様に結びます。
結び方9
仮紐に、邪魔にならないように「て」先をあずけておきます。
結び方10
なるべく仮紐で押さえた帯の上線の高さ近くまで、たれの幅をしっかりと広げます。
結び方11
帯枕を裏返しに右手に持ち、たれの内側にあてます。
結び方12
両手の親指で帯を左右に広げながら押さえます。残りの指で帯枕を持ち上げます。
結び方13
左手の甲で帯の布目をまっすぐに通すようにしてしわを伸ばします。
たれの元を押さえながら、右手で帯枕を持ち上げます。
結び方14
仮紐の上に帯枕をのせて、帯枕の平らな面が背中にぴったりとくっつくようにします。帯枕の紐を前に通して斜め下に引きます。
結び方15
帯枕の紐を胸の下で結びます。
結び方16
帯枕の下に余分なでっぱりが出来ないように整えます。
結び方17
帯揚げを帯枕にかぶせ、しっかりと隠れるように包みます。
結び方18
左手でたれのほぼ中心あたりを持ち、人差し指一本分を目安にたれ先を残し残りを右手で折り上げます。
結び方19
右手をお太鼓の中に入れ中心を押さえます。左手で「て」先を通します。「て」先は右から少し出します。
結び方20
右手の甲で外側からお太鼓を押さえ、左手で「て」先の余分を内側に入れ込みます
結び方21
左手でお太鼓の中の「て」先を押さえ、右手で帯締めを通し、前で結びます。
結び方22
仮紐を外し、帯揚げを綺麗に結んで出来上がり。

ページ上部へ