帯の種類

トップページ > 帯の種類

  • 商品紹介

礼装

改まった席に用いられる帯で、金糸等を使って豪華な模様を織り出しています。礼装では、二重太鼓に結ぶのが原則です。

【丸 帯】
女帯の一種で、広幅の帯地を幅二つ折りにして仕立てた、女子の礼装用の帯。帯地の幅は68センチ、丈は4~4.2メートルで、これを二つに折り、芯(しん)を入れて32センチ幅に仕立てる。
帯地は唐織(からおり)、厚板(あついた)、金襴(きんらん)、繻珍(しゅちん)、綴錦(つづれにしき)、糸錦、緞子(どんす)などの織物、模様は全体に織り出された全通しとする。
【袋 帯】
女性用では、幅はおおよそ30センチ(鯨8寸)ほど長さは4メートル前後。半幅(鯨4寸)袋帯もある。男性用では幅約10センチほど(角帯)。
名前の由来は織りの技法(袋織り:二重織の一種だが、表裏の耳の部分が繋がり袋状の生地になる)からで、礼装や晴れ着の帯である。この様に織り上げたもの は本袋と呼ばれるが、この他、縫い袋(鯨8寸幅の織物2枚を重ねて耳を縫い合わせたもの)や、片縫い袋(鯨16寸幅に織り上げ、幅半分に折って、耳を縫い 合わせたもの)もある。
帯板を必要とせず(但し現代の着付けでは帯板を使うことがほとんどである)扱いも楽なため、現在は丸帯に代って礼装用の帯の代名詞となった。

よそゆき

セミフォーマルからカジュアル。お友達のパーティーや観劇、御挨拶などに締めて下さい。

【しゃれ袋帯】
袋帯は普通、留袖や訪問着などフォーマルな着物に合わせますが、小紋や紬など街着に合わせることができる素材で仕立てられたカジュアルな袋帯です。
【名古屋帯】
主にセミフォーマルからカジュアルのお着物にご利用いただける帯となります。基本的には、付け下げ、色無地、小紋で多く使われ、素材や柄ゆきにより紬にも締められます。帯結びは一重太鼓で着用します。

普段着

カジュアルに、お買い物やお稽古にお締め下さい。
自分のお好みに合わせてね。

【染め名古屋帯】
帯の中で最も自由にお洒落を楽しめるもの、それが染帯です。
【八寸名古屋帯】
八寸名古屋帯はかがり帯ともいわれます。垂れ先から手先まで幅8寸~8寸2分に織られていて、帯芯を入れないで垂れや手先をかがって仕立てます。出来上がりは名古屋帯と同じ寸法です。
【半巾帯】
半巾帯とは、ふつうの帯の幅(約30cm)に対して狭い帯で、16cm前後の細帯のことをいいます。 長さは、3.5mと、名古屋帯よりは短いものです。半巾帯は、どれもだいたい同じサイズなのですが、呼び名によって区別されています。

当店での販売商品は全て、カジュアル用に御使用頂けます。
特に半巾帯は、夏の浴衣に最適です。


ページ上部へ